esports

【第1回全国高校esports選手権】高校生のアツい試合を1人で見に行った話

どうも、だすたんです。

いや〜〜もうesportsっすごいですよ。

今回は、高校生が本気でゲームする大会、全国esports選手権を観戦しに行ったのでその模様をお伝えします。

全国高校esprts選手権とは

全国の高校生がesportsで全国1を決める毎日新聞が主催の大会です。

今回が第1回目ということで、実施タイトルはロケットリーグとLOLの二つです。

オンラインで予選大会が12月23日から26日に行われ、3月23日にロケットリーグの決勝戦、24日にLOLの決勝戦が行われました。

ちなみに、俺は24日のLOLのみ参加してるのでご了承ください。

ゲーマーが輝ける表舞台がここに!

茨城県の高校でesports部の設立に関していろんな議論が行われていましたが、

もうすでにいろんな高校でesports部の設立が相次いでいます。

「あ〜〜〜部活でゲームしたいな〜〜」ってのが現実になったんです。

ゲーマーって学校にあまり馴染めてないイメージがあるじゃないですか?でも、部活としてゲームを本気で楽しめる環境が整えばきっとそんなこともなくなると思うんです。

高校生が幕張メッセに立ってるんですよ・・・?

MCのOooDaさんにコールされて、でかいスクリーンに

ドカーーーンと。1人1人にちゃんと丁寧な演出があります。

他の部活じゃ絶対にないでしょ・・・?野球とかサッカーでこんな豪華コールもらわないでしょ・・・?

これがesportsですよ。

試合内容

実況はLJLでキャスターをつとめるKatsudionさん。解説はプロゲーミングチームRascal JesterでコーチをつとめるLillebeltさんです。

準決勝1試戦目:岡山県共生 VS N高(大阪)

マッチアップはこんなかんじです。

岡山共生

TOP:ヨリックJG:シャコMID:ベイガーADC:ドレヴンSUP:パイク

N高

TOP:サイラスJG:ジャーヴァンMID:リサンドラADC:カイ=サSUP:ガリオ

競技シーンでは珍しいベイガーをピック。BOTを中心とした戦いになるだろうという解説も入り、まさにその展開に。

ファーストガンクをN高は捌ききるが、お互いのSUPがガリオ、パイクとエンゲージが得意なチャンピオン同士なので有利の取り合い。

とにかくBOTの戦闘が常に行われていました。

MIDはやはり、リサンドラがジャーヴァンとうまくガンクを合わせてベイガーに有利をつくる。

TOPはどうしてもヨリックがプッシュ面で明らかに有利なうえ、一度シャコのガンクが刺さるのでサイラスはどうしようもない状態に。

集団戦フェーズに入ると、N高はどうしてもドレイヴンをフォーカスするため、ほとんどのリソースをドレイヴンに割くことになる。

ドレイヴンは瞬殺されることが多かったが、他のチャンピオンがちゃんとダメージを出せるうえ、カイサを守るスキルも吐いているため集団戦ではほとんど岡山共生に軍配が上がる。

1試合目は岡山共生の勝利。

個人的にはN高のサイラス、カイ=サ、ガリオと徒歩勢に対して岡山共生のベイガーがめちゃくちゃ刺さっていたと思う。

準決勝2戦目:学芸大附国際(東京) VS横浜私立南

この学芸大附属国際のチーム名がISS GAMINGってイキリスギゲーミングの略らしいですw

ドラフトはこんなかんじ。

学芸大附国際

TOP:オーンJG:エリスMID:シンドラADC:シヴィアSUP:ブラウム

横浜市立南

TOP:チョガスJG:ジャックスMID:スウェインADC:カリスタSUP:ガリオ

エリスのガンクにジャックスがついていけるのか・・・・?という対決です。

横浜はエリスの位置を把握しておきたい。逆に、学芸大附属はエリスのガンクで試合を壊したい・・・・・

となるはずだったがまさかの学芸大附属のMIDシンドラがLv2でスウェインをソロキル。

これで完全に横浜市立はMIDのコントロールを失います。(ちなみにこの後もまたソロキル。)

このバケモノMIDプレイヤーに続いて、エリスもちゃんとガンクできるレーンに次々刺していき、エリスが完全にスノーボールした形で学芸大附属の勝利です。

ん〜〜単純にプレイヤースキルが違いすぎた試合でした。

決勝1試合目:岡山共生 VS 学芸大附属

いよいよ決勝です。BO3(先に2勝した方が勝ち。)形式だったのですがちゃんと3試合目までもつれこみます。

(最高かよ!!!!)

学芸大附国際

TOP:ブラッドミアJG:レクサイMID:リサンドラADC:ルシアンSUP:ブラウム

岡山共生

TOP:ヨリックJG:ジャーヴァンMID:ゼドADC:トリスターナSUP:ガリオ

いや〜どのチームもがリオの評価が高いですね。

この試合面白かったのが先出しのリサに対してゼドをロックしたことです。

リサってゼドのカウンターの一つなんですけどそれを自分から当てに行ったのは面白かった。

だすたん
だすたん
カウンターといってもリサがゼドを殺せるってわけじゃなく、リサだとめっちゃキルしずらいってかんじです。

特に、俺もゼドをよく使うからこういうのほんとテンションあがるw会場も沸いてたし。

試合序盤、レクサイが敵側の赤バフスタートして学芸大附属が有利を作ります。

リサンドラとレクサイの強力なガンクでゼドがボコられるかとおもいきや捌ききって逆にキルするというシーンも。

普通にゼドうまかった・・・・・wこりゃリサに対して出すわな・・・・・

しかし、徐々に試合は進み、リサンドラをもっている学芸大附属が有利を作っていきます。

そしてバロンのタイミング。

まさかの学芸大附属がスローしてしまい、岡山共生がバロンを獲得。

リサンドラもRをトリスターナーに使うものの、他のプレイヤーが一斉に前に出て、誰もトリスターナーを狙うことができず。

共生岡山の勝利。

決勝2戦目

学芸大附国際

TOP:エイトロックスJG:ジャーヴァンMID:リサンドラADC:シヴィアSUP:モルガナ

共生岡山

TOP:リヴェンJG:スカーナーMID:ブラッドミアADC:カリスタSUP:ガリオ

いや〜〜ここにきて共生岡山リヴェンをピック。これに会場も沸きます。

この試合は試合開幕、モルガナがリバーでQを当てそのままFB獲得。

全レーン学芸大附属が勝ってる印象でした。(すみません、眠すぎて会場でちょっと寝落ちしてました。)

学芸大附属のワンサイドゲームです。

決勝3戦目

学芸大附国際

TOP:エイトロックスJG:ジャーヴァンMID:リサンドラADC:アッシュSUP:モルガナ

共生岡山

TOP:ヨリックJG:レクサイMID:ガリオADC:トリスターナSUP:ヴェルコズ

学芸大附属は2試合目とほぼ構成が変わりません。やっぱり勝った試合のチャンピオンがオープンなわけですから、いいイメージもありますし。

特にリサとモルガナの評価が高いように感じます。

学芸大附属はエンゲージツールが揃ってます。当たりたいな〜って思ったら簡単に自分たちからしかけることができる構成です。

一方、共生岡山はディスエンゲージがまったくできないため、一度有利を作られると逆転が難しいです。

結局この試合も学芸大附属のワンサイドゲームになりました。

圧倒的な差だった

1度はバロンでスローしたものの、それ以外はほぼ完璧でした。

連携もどのチームよりできてたし、個人プレイも目立ってたし、学芸大附属が優勝で納得だったと思います。

ゲーマーが輝ける場所はもっと増えて欲しい

今回は第1回目だったのですが、大成功だったと思います。

こうやって世間では下に見られがちなゲーマーが輝ける場所が増えて欲しいと思います。

でかいステージに立って、自分たちが好きなことで真剣勝負するってめちゃくちゃかっこいいじゃないですか。

「俺は学校じゃ全然目立たないが一部界隈では有名なんだ!」ってなんかいいよね。

学校側も「部活でゲーム?は?」って姿勢はやめていただきたい。そのゲームに一生懸命なやつがいるんだし、本気で勝ちにいってる人たちがたくさんいる。

そういう人たちを「ゲームだから」って言葉で片付けるのはあまりに愚かです。

彼らは彼らなりに自分と向き合って自分の未来を考えています。

 

大会に参加している選手の保護者がインタビューされているシーンがありました。

「勉強しないでゲームばっかりやってます(笑)」って言ってました。

(そんな否定的なかんじではなかったです。めちゃくちゃ優しそうな方でした。)

確かに、親からしてみれば勉強しろよ・・・!って思うかもしれませんが、こうやって実際に子供が真剣にプレイしてる姿を実際に見て、いろんな人からの歓声をもらってるのを見れば少しは理解してくれるのではないでしょうか。

基本的に、自分の部屋でプレイしてるから親としても「なに1人で喋ってんだ?」って思うはずです。

でも蓋を開けて見たらめちゃくちゃでかい会場で勝負していた。

少しでも理解してくれる人が増えるためにもこういう大会はぜひとも続いてほしいです。

これからも参加できるものは積極的に参加してその模様を少しでもお伝えできればと思っています。

そして、「esports関係で仕事がしたい」って思ってる人はまず現場に行ってください。行動してください。その目でしっかり見てください。

ツイッターのプロフィールに「esportsの仕事がしたいです」って書いても意味ないです。仕事は降ってきません。

俺もesports関係で仕事がしたい1人です。俺はこうやって現場に足を運んでいます。

あっ言うのわすれてた。

ISGのみんなおめでとう!!!

ちょっと長くなりましたが、最後までみていただきありがとうございました!!