詳しいプロフィールはこちら
考え

僕が大学に行く意味はないと判断した理由

こんにちは、だすたんです。

僕は高校生の時、死ぬほど悩みました。

正直、将来に対して何の希望もなかったんです。(今はもうめちゃくちゃ楽しみしかないんだけどね!)

そこで今回は、僕が大学に進学しなかった理由を紹介しようと思います。

だすたん
だすたん
参考になったら嬉しいぞ〜〜!

就職する気がなかった

これは少し特殊なのかもしれませんが、就職する気が一切ありませんでした。

というよりも「できない」に近いかもしれません。

毎日8時間拘束されてやりたくもないことをやらされるのは絶対に無理だろうな。続かないだろうなって思いました。

それに、就活も死ぬほどやりたくないです。着たくもないスーツに身を包んで、言いたくもないセリフを言って、何枚も履歴書書いて何社も面接して……

無理です。できません。そんなメンタルないです。

就職は一切する気がなかったのでそんな自分が学歴を持っていても意味ないなと思いました。

大学に行く金がそもそもない

よく考えてみてください。大学に行くのにはむちゃくちゃ金がかかります。そのお金誰が払いますか?ちゃんと親と話し合っていますか?

親が全額出してくれるとても裕福なところならそれでいいです。

逆に奨学金を借りてる人は要注意です。

大学を卒業するとまもなく、奨学金を返さないといけなくなっちゃいます。

これちゃんと理解できていますか?

借金を抱えて社会人が始まるんですよ・・・?

ちょっと考えてみましょうか。

 

だいたい初任給の平均が20万らしいので20万もらうと仮定します。

そこから税金と社会保険を引かれるので手取りはだいたい16万くらいですよね。

そしてさらにそこから一人暮らしだった場合、家賃に食費にケータイ代に・・・・

そのうえで奨学金の返済が1万円くらいかかります。この奨学金、借りる額にもよりますが、おそらく月1万を10年以払い続けないといけません。

ちゃんと大学の授業を真面目に受けて、まともな大学生ならこれでも問題ないと思います。

「まぁ大学で色々学べたからこれくらい当然だな。」って思えるからです。

一方で、『なんとなく大学に入った。親から大学に入れって言われた。』そういう人は大学生活もかなり適当に過ごしてるはずです。

バイトに明け暮れて単位もギリギリ。なんとか卒業できた。

「は・・・?なんでこんな毎月1万もとられるの?」って絶対になります。

ちゃんと社会人になってから払わないといけないということを考えてみてください。

大学に行っても100パー遊ぶだけ

そもそも自分の中で「なんのために大学に行くのか」を理解できていませんでした。

しいて言えば、「親のためですかね。」親が大学に行かせたがっていたので。

でもそれじゃあだめなんです。

自分自身が大学に行く意味をちゃんと見出さないと絶対どこかで後悔します。

親が「行け」って言ってるのなら絶対に反対するべきです。

どこかで必ず「親が行けって言ったもん!!!」って言い訳します。でもその言い訳は何も意味がないんですよね。

僕は「大学に行っても勉強せずに遊ぶだけだろうな。」って予想がついていました。

知ってますか?大学の授業って1回だいたい2000円以上するらしいです。

高スギィ!!!

教授のくっそつまらん授業に2500円も払えるか!!!

自分が完全に納得するまで悩んでください

あなたは今、将来の自分に対してすごく不安を感じていると思います。

もう一度言いますが、僕もそうでした。高校生の時はほんとに不安しかなかったです。「大学行けなかったらどうしよう・・・・」と大学進学が当たり前って考え方でした。

でも、今僕はフリーターです。でも毎日凄く楽しいです。自分の人生を生きているって実感しています。

1年後の自分が何をしているかまったく想像つきません。だから楽しみなんです。

どんな形であれ、遠回りをしようが近道になろうが、最後まで悩んで行動した人には後悔しない道が待っていると思います。

参考になれば幸いです。