考え

情報収集力が求められる時代になってきている件

どうも、ギルバートです。調べ物をしたい時ってどこから得ていますか?

Yahoo ニュース?LINEニュース?新聞?テレビ?

いろんな媒体があるかと思いますが、一つ言えることは得られる情報によって格差が広がっているということ。

知っていれば得してたなんてことが今後増えてくるかと思います。

ここでいくつかあまり知られてない情報取得術を紹介します。

まぁ情報取得術といってもそんな大したことないんですが・・・w

Google検索はもう時代おくれ?

Google検索って高校生くらいの若い層ではマイナーになってきています。

なんて聞いたことありませんか?確かに一理あります。ですが、これは検索するワードによって変わってくると個人的には考えています。

とくに最近はいろんな人が発信できる時代になってきました。

もちろん、そのなかにはクソつまらないコンテンツもありますが、逆にめちゃくちゃ有益な情報もあるわけです。

メディア別に検索しよう

一番おすすめする方法はメディアごとに検索する方法です。

例えば、ファッション。洋服を探す時何で探してますか??

まさかZOZOTOWNだけで探してます?

それはすごく勿体無いです。僕だったらWEARとインスタを使います。

一つの媒体からしか情報を得ないのはとても危険です。僕の親なんて新聞とテレビからしか情報を得ていません。うん、もう終わりですよ。(思考が固まってるから今更どうにもできないけど。)

話していてよく「え?」ってなることがあるのでちょっと残念です。

残念な大人になりたくなかったら情報源を意識してみましょう。

Twitterは使い方によってはめっちゃ便利になる

あなたはTwitterをどのように使ってますか?もしかしてただの愚痴ばらまきツールとしか使ってないんじゃないですか?

それはもうめちゃくちゃ勿体無い。

Twitterで実はリアルタイムで何が起こってるかを知ることができるんです。

わかりやすいのが地震ですよね。

「ん?地震かな?」って時にTwitterで「地震」って検索するとどのへんが震源でどれくらいの規模だったのかいちはやく知ることができます。

これを応用するとかなり便利な使い方ができるんですよ。

例えば、コロナの影響でもらえる10万円の給付金申請書。

「あれ、うちのエリアいつ届くの?」って思った人もかなりいたでしょう。

そう言う時にTwitterで「(エリア名) 申請書」とか「(エリア名) 10万」って検索すると

「○○市は5月の20日以降らしいよ〜」みたいなかんじでツイートが出てくるんです。

もちろんその情報の真偽はちゃんと確認しないといけないですが、これ結構便利です。

それに、これで検索した時にうちのエリアって申込書待たなくてもHPから申込書ダウンロードできるって知ったんですよね。

本当に知ってるかしってないかの差です。

情報の検索はいろんな手段があります。同じワードをGoogleで検索したりTwitterで検索したりYouTubeで検索したり、いろいろ試してみてください!