ゲーマーの人生論

子供にゲームをやらせるべきなのか。

どうも、だすたん(@Dastamgg)です。

子供が「ゲーム買って」って言ってきた時、どうするのがいのか?

ゲームって悪影響になるんじゃないか?勉強しなくなるんじゃないか?

そんな風に考えている人も多いと思います。

私は、「子供がやりたい」って言ったらやらせるべきだと思います。

子供のコミュニティって結構シビア。

親であるあなたは「勉強しないんじゃないか?」、「ゲームに依存しちゃうんじゃないか?」という親目線でしか考えてないと思います。

子供目線で考えたことありますか?

「子供がゲームを持ってなかったらどうなるだろう?」「なんでゲームが欲しいんだろう?」

はっきり言います。

周りの子供が持ってて自分が持ってない状況ってかなり辛いです。

自分がそうでした。

周りの友達は、PSPとかDSを持ってるのに自分は持ってないのでやっぱり仲間外れにされます。

そんな風にして簡単にコミュニティに馴染めなくなって孤立が始まるんです。

親がよく「よそはよそ、うちはうち」とか言いますけど、そんなこと言ってる場合じゃないと思います。

子供にとって、「友達と同じ物を所有してる」ってかなり大きな意味なんです。

ゲームは悪影響を与えるのか?

いや、そんなわけないでしょう。

ゲームをして子供に悪影響が出るってそれ100パー親の育て方の問題ですよ?

自分は小学生の時から血が出たり人が死んだりするゲームをしていました。

まぁモンハンとかGTAとかですよね。

でも、人を殺したことなんてないです。ゲームのしすぎで倒れたこともないです。

親がちゃんと育ててくれましたからね。

ゲームをすると現実とゲームの世界の分別がつかなくなるとか言われますが

そんなことはないです。分別がつく育て方をしてないだけだと思います。

ゲームで人生が変わることもある。

アメリカのプロゲーミングチームにTSMというチームがあります。

そのチームのBjergsen(ビャーグセン)という選手。

彼は、小学生の頃にいじめにあっていました。今の日本じゃ考えられないくらいのいじめです。

痣がができたり、出血した状態で家に帰ってたようです。先生も一緒になって虐待してたとか。

そんな中、ついに学校に行かなくなります。

親以外の人とは話さなくなったようです。

そっからはもうほんっっっっっっっっとにゲームしかしなくなったんです。

もうそれだけが心の支えだったんです。

当然、ゲームしかやってないからゲームがどんどんうまくなります。

そしてプロゲーマーになったんです。

今では、世界的にも有名なプレイヤーでTwitterのフォロワーは140万人を超えています。

BjergsenのTwitter

Bjergsen自身の才能も確かにすごいんですが、やはり親の存在が大きいでしょう。

もし、親が「あんないつまでゲームやってんのよ、学校行きなさい」って言いながら無理矢理行かせてたらどうなってたのでしょう?

もしかしたら耐えられずに自殺してたかもしれません。

でも、彼の親はそうしなかったんです。ずっとゲームをさせていました。

 

私は、「子供がしたい」って言ったらさせるべきだと思います。

子供がゲームしてダメな大人になるのもいい大人になるのも全部育て方だと思います。

ゲームのせいにしないでください。