LOL

Feedした時の立ち回り方。

こんにちは いきなりですが、Feedって誰でもしますよね。

したことない人は絶対いないと思います。

そもそもどうしてfeedするのか。

まず、考えられるのは敵のjgに張り付かれてしまうことです。

この場合、自分は悪くないって考えるのが一番です。

もちろん、味方からピング、がんがん出されてるのに下がらない、

敵の森がいるの分かってるけど前に出るってのは論外です。

そうじゃなくて、普通はこの時間botにいるはずだよな〜〜〜って思ってたけどTOPにきてた。

とか、対面と相手の森がDUOだから張り付かれる。

みたいな そういう場合です。

こういう場合、は味方の森が他で有利を作ってもらうのを待つしかありません。

一番やってはいけないのは、味方の森に自分のレーンをgankさせることです。

自分と対面で大きく差ができてるため、ほぼgankはきまらないでしょう。

つぎに、考えられるのは、

単純にマッチアップが不利、もしくは相手が格上である場合です。

この場合、一番大事なのはいかに、相手に差をつけられないかということです。

レーンに勝つことは諦めてください。

他で有利を作ることを狙いましょう。

feedした時の対処法。

まず、対面が見えなくなったら、mia ピングを連打して、危険pingを連打してください。

対面に余裕ができると、必ず他のレーンにもこの有利を波及させようとします。

そう、ロームです。

ロームがキマるとそれでもうチームの雰囲気は悪くなります。

「おい、てめえfeedしてんじゃねえよこっちまできてんだよ雑魚」

こう言われるだけです。

だから、せめて味方には最低限のゲームをさせてあげましょう。

次に、自分のロームについてです。

「あ〜〜対面には勝てないからロームすっか〜〜〜〜」

こんな安易な決断は絶対にしないでください。

たとえ、自分のロームがキマっても、

後からくる対面レーナーに回収されるのがオチです。

育ったカタリナより先にbotにロームして、相手をダブルキルしても

後からくるカタリナにトリプルキルされるだけってことです。

一番意識することは、 育った対面レーナーを自分と1vs1をずっとさせておくことです。

こうすることで試合時間は伸び、味方が他で有利を作りやすくなります。

この際、やはり、できるだけキルされることは避けるべきです。

間違っても味方の森をgankさせないように。

せめてカバーさせるくらいにしときましょう。

味方がfeedしたとき。

これはもう正直仕方ないです。

2デスくらいならまだいいですよ、

もう明らかに諦めはじめて、4デスとかしちゃうやつがいる場合は諦めてください。

そして、味方に対して

「feedすんな」

とか言っても無駄なんて言わないでください。

そんなの言う暇あったら目の前のcsとってください。

そうじゃなくて、「もっとセーフプレイして」とかそういう建設的な言葉をかけてあげてください。

相手の森がはりついているのであれば、それはしかたないです。

そう言う場合はなにもいわなくてもいいです。

タワー下にいても、ダイブされるため、言ってもしかたないです。

むしろ、いい餌なので自分が森をよんで、自分のレーンから有利をつくって

feedしているレーンの分までがんばりましょう。

 

The following two tabs change content below.

だすたん

「就職なんて絶対にしない」という思いからフリーランスの道を選択。 今はまだ稼げてないけど、好きなことだけして生きたいんです。 ゲームが好きな人を応援するブログです。 Twitterのフォローもよろしく!

関連記事

  1. LOL

    誰でもNALCSにでれる方法考えたったwwwwwwww

    どうも、だすたんです。最近、思うんですよ。&n…

  2. LOL

    全レーンのファーストタワー折った後にスローするよね。

    どうも、だすたんです。ソロキューでTOP、MID、BOTってファー…

  3. LOL

    ソロキューで構成とか考えてたらもう無理だよ。

    どうも、だすたんです。MID YIで結構ランク回してるんですけど(…

  4. LOL

    マスターイーメインにおすすめしたいYI MID

    どうも、だすたん(@Dastamgg)です。今回は、YIを愛するも…

  5. LOL

    LOL新モード簡単に解説。

    いや~~新しいモードきましたね!てか、PROJECT VAYNEがかっ…

  6. LOL

    [JG必見!]時間に敏感になれ!

    どうも、だすたんです。今回はJGにおいての「時間」についてのお話し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP