音楽

音楽を最大限楽しむコツは音楽のボキャブラリーを増やすことだ

人が生きていくうえで音楽は欠かせないものだと思っている。

街を歩けば音楽が聴こえてこない日なんてないし、あなたが今見ているYouTubeの動画にも必ずBGMという形で音楽が挿入されているはずだ。

僕は音楽が好きだ。そのへんの人よりは進んで音楽を聴く。

じゃあ親が音楽に携わっている人か?と聞かれるとそうではない。

ただ、好きなアーティストの曲を知り合いにCDに焼いてもらって、「車でこれ流して〜〜〜」ってやって小学生時代を過ごしたり、高校生になって軽音楽部に入ってバンドを好んで聴くくらいのまぁいたって普通のやつだ。

音楽を作りたいと思うようになってきた

最近、「音楽を作ってみたい」と思う気持ちが日に日に強くなっている。

赤西仁の曲を聴いてライブ映像を見て、Nissyの音楽を聴いてライブ映像を見て・・・・・

大きなステージに立って多くの人を感動させるのって改めて「かっこいいなぁ。」と強く思う。

もちろん、簡単なことじゃないのはわかりきっている。

ただ、やりたいと思ったからやるだけだ。別に俺はこれで人生逆転させてやる!!!なんてこれっぽっちも思ってないし、ただなんとなくかっこいい人間になれたらいいなぁと思うだけだ。

音楽作るなんて俺には無理だ〜って思ってたけど本当にそうだろうか?赤西仁だってNissyだって元はいたってふつーーーーの男の子なわけだ。

ただ、音楽という一つのものを極めてきたからこそ赤西仁になれたしNissyになれたわけだ。

だったら俺にもできんじゃね?(は?)

音楽を楽しむコツはいろんな音楽を聴くこと

僕はバンドの曲をめっちゃ聴く。なぜなら、高校時代にバンドをやっていたから。自分の音楽を形成してくれたのは高校時代のバンドだったと思っている。

高校時代に多くのアーティストを知ることができた。

ただ、ひとつ後悔があるのがバンドしか聴いてこなかったことだ。

[ALEXANDROS]もUVERworldも高校時代はめっちゃ聴いていたが、今では赤西仁の方が聴いている。毎日聴いている。

ただ、高校時代の僕に「赤西仁めっちゃいいよ」って言っても多分聴かなかったと思う。

学生の頃に「このアーティスト最高じゃん??」って思っていたアーティストでも、社会人になって途端に聞かなくなったりするし、逆に「え!!!さらに好きになった!!!というアーティストも出てくるのではないだろうか。

そしてこれだけ溢れた音楽を十分に楽しむコツは色んなジャンルの音楽を聴くことだと思う。

色んなジャンルの音楽を聴くことで、自分の好みがわかってくるし、「このリフ好きだな~」とか「このメロディーいいな~」って思うことも増えると思う。

そして、好きなジャンルをある程度絞ることができたら今度は「1990年代のこのジャンル!」みたいな聴き方も面白いかもしれない。

あなたの見ているものは氷山の一角にすぎないし、実は海外のアーティストのパクりだったりするかもしれない。そしてもっと他にあなたにぶっ刺さるアーティストがいるかもしれない。

食わず嫌いせず、色んな音楽を聴いていこう。