音楽

【まだ持ってないの?】無線イヤホンOKIMO TWS-P10S買ったら生活が充実した件

こんにちは、だすたんです。

3ヵ月ほど前から無線イヤホンを買ったのですが、これがもうめちゃくちゃいいんですよ。

家でずっと音楽とかラジオ聴けるの最高ですよ!

ということで、今回は先日購入した無線イヤホンOKIMO TWS-P10Sをレビューしていきます。

OKIMO TWS-P10Sの特徴

LEDディスプレイでバッテリーが見やすい!

充電器に現在のイヤホンのバッテリー状況と充電器本体のバッテリー残量が表示されており、一目で確認することができます。

ケース一回をフル充電させておけば、イヤホンを約60回充電させることが可能です。(イヤホンはフル充電で約3時間使用可能。)

ペアリングや充電などの操作が簡単!

イヤホンを充電機に刺すとき、充電器がマグネットになっているので吸い付きやすくめちゃくちゃ充電しやすいです。

ケースからイヤホンを取り出すだけで自動でペアリングモードになり、イヤホンを「ポンポン」とタップ操作するだけで次の曲にしたり、前の曲にしたり。

長押しするとイヤホン内部の音量調整をしたりととにかく操作が簡単です。

OKIMO TWS-P10Sのメリット

デザインが最高にクール

見ての通り黒一色で最高にクールです。めちゃくちゃよい。

開くとこんなかんじ。イヤホンのバッテリー残量はゲージで表示され、ケース本体のバッテリー残量はパーセント表示されます。

ストレスフリーで音声を楽しめる

僕がOKIMO TWS-P10Sを購入して3ヵ月以上経ちますが、やはり最大のメリットは音声コンテンツがめちゃくちゃ聞きやすくなるということです。

僕は家でYouTubeを流しながら洗い物をしたり、外出する準備をしたりしてるのですが、今まではスマホをポケットに入れてイヤホンで聞きながらいろいろやってたのでイヤホンの線がかなり邪魔だったんですよね。

でも、このイヤホンを買ってからは線がなくなったので線のストレスからも解放されて好きな音楽も聴けるし、

チョーーーーーーーーーーー快適です。

今までなんで買わなかったんだろうって後悔しています(笑)

洗顔しながら聴けるんですからマジで神です。

安すぎワロタ

そしてなんと言ってもこの価格。4480円ですよ?安すぎワロタです。

AppleのAirPodsなんて20000円超えますからね。この違いですよ。

安すぎワロタです。

OKIMO TWS-P10Sのデメリット

周りの環境で音が途切れることがある

デメリット!っていうとちょっと違う気もするんですが、無線通信を行うのでやはり電磁波には弱いんですよね。

例えば、電子レンジとか電気コンロのそばで使うと電波が妨害されるので音声がとぎれとぎれになるケースが多いです。(それ以外はマジで神。〕

また、街中で歩いていてもほかの人の無線イヤホンと干渉しているのか、途切れることがたまにあります。

あ、ちなみに音が途切れている間、スマホから音が出てるみたいなことにはならないので安心してください。

イヤホン自体が小さいのでなくしやすい

 

とりあえずみてください。

 

このサイズです。

 

このサイズを耳につけたり外したりするんです。しかも2個。

ちょっと怖いですよね。有線イヤホンは線でつながってるからなくしにくいですけど、無線イヤホンはやっぱりなくるリスクがあります。

ちなみに、僕は3ヵ月使っても特に大きな問題はなかったです。

イヤホン外したらケースに入れる癖さえつければ問題ないと思います。

音楽好きはマジで買っとけ!

この無線イヤホンは音楽好きにマジでおすすめです。

今って忙しい人が多いじゃないですか。そんななかでイヤホンで何か聞きながら家事やったり、身支度したりすることってすごい大事なスキルだと思うんです。

でも、普通のイヤホンを使うと線が邪魔じゃないですか。

そんなときにこの無線イヤホンを使ってほしいんです。

もう一度言いますが、AirPodsって20000円超えるんです。それに比べてこのOKIMO TWS-P10Sは4480円です。安すぎワロタです。

ぜひ、このイヤホンで生産性のある生活をしてみてください。